木造住宅の骨組み

木造住宅の骨組を画像を使って名称や用途を紹介します

土台 1階管柱・通し柱 1階桁・梁 2階管柱 2階桁・梁
小屋束 棟木・母屋 垂木 筋交 間柱










・土台


 基礎の上に敷くもので、建物全体の荷重を支え、
 その荷重を基礎から地盤面へ伝えるもの。
 木造住宅では最も大切な水平部材で高い耐久性を
 求められる。


主な材種
  ・注入米栂(防腐処理してある米栂)
  ・米ヒバ
  ・桧 etc...



・1階管柱・通し柱


 土台や桁から垂直に立てて建物を支えるもの。


  管柱 ・・・階ごとに立てる柱。
        梁や胴差にかかる力を受ける。
       

 通し柱・・・2階建ての場合、土台から軒まで1本で
        通った柱。


主な材種
  ・桧
  ・EW(ホワイトウッド集成)
  ・EW(杉集成) etc...



・1階桁・梁



 桁・・・・1階の柱とつないで、小屋組みを支える。


 梁・・・・桁と垂直にあり、柱と柱の間をつなぐもの。



主な材種
  ・米松
  ・ハイヴリッドビーム(杉、米松の集成)etc...


・2階管柱



 小屋梁や桁にかかる屋根の荷重を受け、さらに下へ
 伝える。



主な材種
  ・桧
  ・EW(ホワイトウッド集成)
  ・EW(杉集成) etc...



・2階桁・梁




 屋根の重荷を受けるもの。




主な材種
  ・米松
  ・ハイヴリッドビーム(杉、米松の集成) etc...



・小屋束




 母屋からの重みを2階の梁に伝える。







主な材種
  ・米松 etc...




・棟木・母屋




 棟木・・・・棟の頂点にある。垂木を支える水平部材。


 母屋・・・・屋根からの荷重を小屋束から梁へ伝える。
       棟木と同様、垂木を支える。



主な材種
  ・米松 etc...




・垂木




 屋根の勾配(角度)にそって、棟から軒先に母屋の上に
 斜めに取り付け、野地板(屋根材を葺く為の下地材)を
 受ける。




主な材種
  ・米松
  ・米栂 etc...



・筋交



 柱と柱の間に斜めに取り付け、建物の耐震を高める。
 ※筋交を取り付けた壁を耐力壁と呼ぶ




主な材種
  ・米松
  ・米栂 etc...



・間柱




 柱と柱の間に取り付け、壁の仕上げ材(石膏ボード、
 合板、ベニヤなど)を取り付ける。




主な材種
  ・杉
  ・赤松
  ・ホワイトウッド etc...



copyright.株式会社ヤマキチ木材 All rights reserved