プレカット情報   〜ヤマキチ木材プレカットは随時承っております〜

プレカットとは・・・
  大工さんが手で柱や梁に墨付けし、ノミやカンナなどで刻んでいた木材の継ぎ手、
  仕口などを工場に設置された機械で加工すること。
  この加工によって時間短縮を図れたり、一定の精度が保てるなどといった利益が得られる。
  
  プレカットといっても、大工さん工務店さんが所有する半自動のものから、オール機械加工の
  大規模工場によるものまで幅広くあり、機械・コンピューターの進歩によって今まで大工さんの
  手加工でしかできなかった丸太梁やタイコ梁の加工もできるようになった。



 ヤマキチ木材のプレカットの流れ



 工務店様が図面を
 材木屋さんに提出して
 プレカットの依頼



 工務店様から提出され
 た図面を元に
 ヤマキチCAD室にて
 データ仮作成後日、
 仮データに基づいて
 打合せ、必要に応じて
 修正




 材木屋さんは、プレカット
 工場の担当者に依頼



 完了したデータを
 オンラインにて送信し
 加工




 依頼を受けたプレカット工
 場の担当者は、入手した
 図面を元に仮入力した後
 工務店様と加工の打合せ
 の上、必要に応じてデータ
 の修正




 現場へ搬入



 完了したデータを元に
 加工し現場へ搬入


※ヤマキチ木材のプレカット流通は、上の図を見てわかるように材木屋とプレカット工場の役割を兼ね備えることにより
 コストの削減と大規模プレカット工業との連携により、最新かつ安心のプレカットの提供を実現できました。


ヤマキチ木材プレカットシステム(建築設計事務所併設)
 ヤマキチ木材CAD室と中国木材AQ認定プレカット工場とがオンラインでデータ通信する事により、
 最新かつ安心のプレカットを提供。(一部協力プレカット工場加工も含む)

 加工ラインナップ
   在来工法・斜め梁登梁加工・端柄加工・金物工法・床、野地合板加工・太鼓梁
 各種保証
   プレカット部材には10年間の瑕疵担保責任保証付(中国プレカット使用)



copyright.株式会社ヤマキチ木材 All rights reserved